本文へスキップ

井上壮健は、股関節矯正と骨盤矯正を専門とする整体院です。貴方様の健康を取り戻すお助け整体院です。

電話でのお問い合わせはTEL.072-827-8528

〒572-0048 大阪府寝屋川市大利町3−20−103


肋骨矯正

肋骨は肺や心臓など内臓を外部の衝撃から守る役目をしています。
肋骨矯正
無料モニター募集します

肋骨矯正が必要な訳

肋骨は全部で12ペアあり、Sternum(胸骨)から胸全体に広がっています。
肋骨1〜7は直接胸骨とarticulateしているのでtrue ribs(vertebrosternal ribs)と呼ばれています。
8〜10は、肋骨7の軟骨部を介して胸骨とつながっているので、false ribs(vertebrochondral ribs)、
そして11と12は胸骨と全く出会うことなく、ほよ〜ん、と浮いている感じなのでfloating ribs(vertebral ribs)と、それぞれ呼ばれることもあります。

さて、これだけユニークな造りをしている肋骨には、大まかに3つの役目があります。
        

1. 頑丈な骨のケージとして、心臓や肺などの様々な臓器を守る
2. 膨らんだり縮んだりして呼吸にcontributeする
3. 背中や胴体の筋肉のattachment siteになる

3はとりあえずself-explanatotryだと思いますが、1と2は矛盾しているように感じられるかもしれません。骨という人体でも非常に硬い組織を格子の様に張り巡らせているわけですから、ガチガチでほとんど動かないんでしょ?と思う人もいるでしょう。しかししかし、丈夫であるには、硬ければいいってわけじゃありません。だってホラ、硬いだけならば肋骨を圧迫するようなチカラがかかった場合、そのチカラが行き場をなくし、構造上一番弱い角度がある辺り(costal angle)でぱきっと、意外と簡単に折れちゃうもんです。適度なmobility、柔らかさ、しなやかさ、こういうのが本当に意味での丈夫さに必要不可欠なんです。チカラがかかったときに、ふにゅ、と動いてそのチカラを他に逃がせることができますからね。

そう、つまり何が言いたいかというと。
肋骨って、意外と動くんだぞ、と。
生活習慣や、個人個人の癖が自然と肋骨をゆがめています。病的に整形不全の場合もありますが、その症状は極極まれです。
肋骨がゆがむことでぜんそくや、肩こり、内臓異変、慢性疲労など身体にいろいろな悪い影響を与えます。

歌うことを職業にされている方は、肋骨矯正をした後発声がとても楽になると言われます

肋骨矯正
無料モニター募集します

肋骨を矯正することで猫背解消、バストアップ、ウエストのクビレができます。
昨今の良くない生活習慣で身体のバランスは崩れています。PC.携帯など長時間同じ姿勢でいるのもその要因の一つです。また身体の使い方には人それぞれ癖があり身体の歪みともなります。
ここでは肋骨矯正することで女性の一番きになるところを施術します。

肋骨矯正無料モニター募集の条件
施術後に感想を書く
施術、前後の写真をとり確認してもらいます。HPなどにも掲載を了解すること。
顔はわからないように横から撮ります。

たくさんの方にお試し頂きたいのでお友達を一人紹介できること。

写真は高校生です。

上が施術前、下が施術後です。バストがアップしていることがわかります。
姿勢も自然な形でまっすぐになっています。
     








shop info店舗情報

井上壮健

〒572-0048
大阪府寝屋川市大利町3−20−103
TEL.072-827-8528